遊々写真館


2019/07/28

団地を訪れた小鳥たち その後2

Tweet ThisSend to Facebook | by:HP統括管理者
団地を訪れた小鳥たち その後2

今年もカッコウが盛んに鳴いています。
カッコウは尾長の巣に托卵します。
カッコウが鳴くのは尾長の巣を見張っていて尾長が巣から離れたことをカッコウの雌に知らせるため。
知らせを受けたカッコウの雌はすかさず尾長の巣に入り、尾長の卵の一つを咥えて落としてしまいます。
そして自分が一つ卵を産んで帳尻を合わせるのです。
その間数十秒の早業。
ケヤキの木の下に割れた卵が落ちていました。
この卵は尾長のものです。
カッコーに落とされたものでしょう。
それを知らずに尾長はいま温めているとおもいます。

牛鳴


尾長の卵

17:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)